Select Page

ホメオパシーでホリステイックな心のケア

Behrens夫妻によるオンラインセミナー第二弾。2018年2月3-4日

 
 
 
デイビッドとキャットジャ素晴らしいウエビナーをありがとう! ライブで参加できなかった方も、同じ料金で3月末まで視聴が可能です。

ホメオパシーと心身のケア

  • ISHLのオンラインセミナー シリーズの第二回目の提供を誇りに思います。ホメオパシーの学生や卒業生、ホメオパスやセラピストのためのウエビナーです。日本在住もしくは世界中どこにいても受講可能です。
  • 第二回目は2月3―4日2018年に開催されます。テーマは2本立てでお送りします。
  • 依存症/中毒症をホメオパシーとマインドフルネスで紐解く
    Opportunity! 最先端のホメオパス陣によるベルギーでのWebinar One カンファレンスの概説
    土曜日は依存症/中毒症の複雑に絡み合う要素と最新の治療法をみて、しくみを理解します。 依存のための複数の異なるレメデイーグループをみて、人間の魂の成長とどの段階で躓いたかを理解します。
  • ケースのセンセーションへの理解も深め、いくつかの異なるメソッドでも同じ結果に導くことができることをみます。
    日曜日はホメオパシー業界でも空前のこの3日間のベルギーで開催されたカンファレンスのまとめを聴くことのできる、めったにない機会になります。異なる方法論の先には、さらなる統合を発見するでしょう。お互いのメソッドの違いを尊重しながら学び合います。2日目も引続き、マインドフルネス瞑想をはさむことで知識の消化吸収をサポートしていきます。

講義は英語で日本語の逐次通訳がつきます。パソコンとインターネット通信ができれば誰でも参加できますし、録画はセミナー開催日より4週間後まで視聴可能です。

現代における心のケアの重要性は近年ますます注目されてきています。心配や不安症から中毒や依存の問題、人格障害に至るまで様々な心のケアを必要としているクライアントと日々向き合うホメオパスにとって大いに参考になり、実践的なサポートになるウエビナーになるでしょう。
ホメオパシーのような気遣いの多い職業によるストレスを緩和する、マインドフルネス瞑想を取り入れることによって、あなたの心の安定にも焦点を合わせます。
Behrens夫妻は明確な症例を用いながら、処方レメデイーの情報や選択の理由などを提示します。

Katja Behrens DSH RSHom

Katja Behrens DSH RSHom

Katjaはドイツ ベルリン出身。個人で臨床している他スクール オブ ホメオパシーのクリニックでも教えています。センセーション メソッドに特に関心がある。

David Behrens DSH RSHom

David Behrens DSH RSHom

Davidはアメリカ出身。インドで20年以上僧侶だったが現在はロンドンで医療地域として名高いハーレーストリートで心の問題を抱える多くのクライアントをみている。

二人からのメッセージ


中毒症/依存症の複雑さについて学び、最新の治療方法を知り、ホメオパシーとマインドフルネスを使って理解しケアしていく方法を学びます。

元素の周期律表や他のシステムをもとに、その人の成長段階という旅路のどの地点で滞ったかを、この2日間で理解を深めます。

またケースを通して一貫してみられる「センセーション」についての理解も深め、様々な手法でも同一の結果を得られることを検証していきます。

Location場所

オンライン受講です – インターネットに接続できる環境とブラウザーが必要です。参加のお申込み後にオンラインセミナー受講のための詳細をお送りします。当日の接続がスムーズにいくために事前に接続の練習を致します。

プログラム

Day 1 (土曜日)

  1. 依存症への洞察と原因をみる。マインドフルネスでいかにサポートするか。
  2. 依存症と母子関係、ミルクのレメデイーと周期律表2列の理解
  3. アルコール依存のケースとケースの理解
  4. レメデイー鑑別
  5. 休憩
  6. マインドフルネスー気づきと意識の導き方
  7. アルコール依存のケース
  8. ケース分析とレメデイー鑑別。ノゾーズへの理解
  9. ケース3 摂食障害 食べ物への依存
  10. ケースの理解、レメデイーとセンセーション、植物表の中の位置づけ
  11. 休憩
  12. マインドフルネスと回復のサイン。動画。回復のサポート。
  13. ケース4 タバコ依存
  14. 分析、レメデイーのセンセーションと植物表
  15. 依存症の回復の兆しとツール色々
  16. 質疑応答
  17. 瞑想―観察者
    1. Day 2(日曜日), Homeopathy One Conference Synthesis

      去年10月にベルギーで行われたHomeopathy One カンファレンスの主立った講義のエッセ
      ンスを伝える9人の先駆的ホメオパス陣によりケーステイキング、ケース分析、処方などが
      多角的にシェアされた有意義な1日のまとめをシェアします。

      次のアプローチを学びます:

      • Jeremy Sherr: 「シンプルに」
      • Massimo Mangialovori: 複合的Complexity
      • Jonathan Hardy: グループによるテーマとシステム
      • Jan Scholten: 植物への理論Plant Theory
      • Michal Yakir: 植物の表The Plant Table
      • Rajan Sankaran: 相乗効果Synergy

      また以下も含みます:

      1. ケースやケーステイキングテクニックや他のツールを学びます
      2. 共通点と相違
      3. 追加の症例と洞察のシェアによりさらなる理解へ
      4. 質疑応答の時間

ISHL 学生

無料
  • 3年目受講費全額支払い済みの受講生は参加費は無料です

一般

¥15,000 / 1日
  • 一般参加 1日参加1万5000円 2日参加 3万円

Katja Behrens DSH RSHom

Katjaはベルリンで演劇と理学療法を学び、経験を積んだクラニオセイクラル セラピスト。ラジャンサンカランやその他の国際的に活躍している師のもとでホメオパシーのポストグラジュエート
トレーニングを受ける。

幅広い精神疾患に対して成功例を持つ。学習障害、自閉症、アスペルガー症候群、アルコールや薬物依存、鬱、ストレスや不安症など。

心身ともに自分の「最高最善」を生き、自己変容したい人たちのために、Katjaは他のホリステイックなセラピストや医師と協力してチェルトナムのホリステイック健康センターとイギリスのストラウドにあるスクールオブホメオパシーのクリニックで日々臨床している。

David Behrens DSH RSHom

南インドで僧侶として27年の経験からマインドフルネス瞑想を教える。

僧侶から人生を一変してホメオパスになるべく学ぶ。イギリスにあるスクールオブホメオパシーでホメオパスの自己成長のためのマインドフルネス コースを受け持つ。依存症や精神疾患のクリニックを担当する傍ら、イギリスの国民保険サービスでマインドフルネスを広めている。

ホメオパシーとマインドフルネスを組み合わせることにより、クライアントが真に健康と自分自身の力を取り戻し、相乗効果があることをDavidは経験から感じている。

ISHL卒業生 ホメオパシーと心のケア セミナー1日参加





ISHL卒業生 ホメオパシーと心のケア セミナー2日間参加





一般参加  ホメオパシーと心のケア セミナー 1日参加





一般参加 ホメオパシーと心のケア セミナー 2日間参加





ウエビナーに関して

このオンラインセミナーはWEBEX という信頼できるソフトを使用します。必要なのはブロードバンド通信と接続が可能なパソコンとウエブのブラウザーだけです。

お申込みをされ、受講費支払い完了後、ウエビナーの参加方法に関する情報と後日録画を視聴する方法をお知らせします。

ウエビナーは2月3日(土曜日)と2月4日(日曜日)の日本時間午後3時から10時です。(イギリスとの時差の関係)当日参加はできなくても開催から4週間後まで繰り返し視聴することができます。

Email us

12 + 9 =